スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページ暮らしの情報 > 二輪車乗車中の交通死亡事故多発について

二輪車乗車中の交通死亡事故多発について

最終更新日:2017年12月06日

 11月29日(水)の午後4時ごろ、恩納村の国道において、中央分離帯にバイクが接触・転倒し、
バイクを運転していた男性が死亡しております。
 11月29日現在、県内では38件の交通死亡事故が発生し41人の方が亡くなられていますが、
これは昨年1年間の交通事故死者数(39人)を既に超えています。
 また、過去5年における交通死亡事故の発生データによると、12月は月別の発生件数で最も多く、
年末における交通死亡事故の抑止が急務となっています。


12月の交通死亡事故の特徴(過去5年間:24件・24人)


○ 歩行者事故(13件)
 ・高齢者が被害者となった事故が10件
 ・午後6時から午後12時までの間の発生が9件
 ・道路横断中の事故が12件で、うち横断歩道以外を横断中の事故が10件
 ・第一当事者は、高齢者が5人、30歳代が3人、40歳代が2人
○ 二輪車事故(7件)
 ・土日の発生が6件で、浦添市以北の国道及び県道で発生
 ・車両単独による事故が4件(うち3件は飲酒絡み)
 ・10代の死者が4人、次いで40代の2人
○ 飲酒絡み事故(5件)
 ・深夜における発生が4件で、違反者は10代が最多(2人)
 ・車両単独事故が4件で、3件は二輪車による事故、



【運転手の皆様へ】


○ 交通ルールを守り、交通マナーを高める意識を強く持つ
○ 早めのライト点灯やハイビームを活用し、横断歩行者の早期発見に努める
○ 制限速度を守り、無理な運転は絶対しない
○ 飲酒運転は絶対にしない、未成年者に飲酒させない


【歩行者の皆様へ】


○ 車両からは自分の姿が見えていないものと考えて行動する
○ 車両から見えやすいよう、明るい色の服の着用や反射材を活用する。
○ 信号機や横断歩道のある場所で横断する
○ 横断するときは、心にゆとりをもち、無理な横断をしない

 

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは市民部 市民生活課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-1217
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ