スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ暮らしの情報障がい・福祉 > 臨時福祉給付金(経済対策分)について

臨時福祉給付金(経済対策分)について

最終更新日:2017年03月27日

臨時福祉給付金(経済対策分)について

  臨時福祉給付金は、平成26年4月の消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。
 この給付金は、消費税率引上げ(8%→10%)が2年半延長されたことを踏まえ、国の経済対策の一環として、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して支給するものです。

 臨時福祉給付金(経済対策分)を受給するには申請が必要です。
 対象者・対象候補者で未申請の方には6月末に再度申請書をお送りしました。
  

制度概要

支給対象者

①平成28年1月1日に沖縄市に住民票がある方
平成28年度の住民税(市・県民税)が非課税の方

①、②の両方に該当する方が支給対象者となります。

※ただし以下の方は対象外となります。

 ・住民税が課税の方に扶養されている場合

 ・生活保護を受給されている場合
 
※平成28年度臨時福祉給付金(3千円)の受給者はおおむね
対象となります。

支給額
対象者1人につき15,000円(1回限りの支給となります。)

手続き方法

申請期間
沖縄市では、平成29年4月10日(月)~平成29年10月10日(火)が申請期間となります。

※申請受付期間を過ぎた場合、給付金は支給できません。
※郵送の場合、当日消印有効となります。

申請手順

①沖縄市より上記給付金の対象・対象候補の方に、「臨時福祉給付金(経済対策分)申請書」をご自宅に送付します。

②申請期限内に申請書と必要書類を合わせて、沖縄市役所 地下2階「臨時福祉給付金」窓口に提出してください。
 ※必要書類や記入事項は申請書に同封された記入例をご覧ください。
 
③申請後、課税状況等を確認した上で、給付金についての審査結果を通知します。

④審査後、支給対象と認められた方にご指定の銀行口座にお振込みします。
(審査には2か月ほどお時間を要します。)

申請場所

沖縄市役所 地下2階「臨時福祉給付金担当」
直通連絡先:098-894-6122
 

厚生労働省関連情報

 臨時福祉給付金(経済対策分)(厚生労働省ホームページ)

ご注意

「臨時福祉給付金」を装った“振り込め詐欺”や“個人情報の詐取”にご注意ください。

  • 市や厚生労働省などの職員がATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市や厚生労働省の職員が「臨時福祉給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。
  • 現時点で、市や厚生労働省の職員が住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号など個人情報を照会することは絶対にありません。

お問い合わせ

健康福祉部 健康福祉総務課

臨時等給付金プロジェクト・チーム

コールセンター:098-894-6122

電話受付時間:8:30~17:15

沖縄市役所:098-939-1212(代)

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康福祉部 健康福祉総務課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 1F
TEL:098-939-1212   お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ