スマートフォンサイトはこちら
トップへ
  • 沖縄市民平和の日
  • 沖縄戦の歴史
  • 平和大使の活動
  • 沖縄市民平和事業
  • 資料室
  • 平和ちゃんねる
  • こどもページ

平和の日 トップページ > 沖縄戦の歴史

沖縄戦の歴史

沖縄戦について

廃墟と化した首里の街の写真

廃墟と化した街(1945年 首里)  沖縄県公文書館より提供

 鉄の暴風と形容された沖縄戦は、敵の砲弾にあたって死んだ人、猛烈な機銃掃射のなか、日本軍によって壕から追い出されて亡くなった人、いわゆる集団自決を強要された人たち、毒薬を注射されて死んでいった子どもたち、日本軍によってスパイ視され殺された人、自らの手で家族を死に追いやった人、異郷の地で命を落とした人、そしてマラリアや飢えで死んだ人等、沖縄戦はまさに地獄絵さながらでありました。

 戦前の沖縄県の人口は約49万人で、戦没者が約12万人。4人に1人が亡くなったことになります。

沖縄戦の実相へのリンク
沖縄市における沖縄戦へのリンク

沖縄戦の特徴

楚辺の捕虜収容所の写真

楚辺の捕虜収容所の住民 (1945年4月4日読谷村 楚辺)
沖縄県公文書館より提供

1. 全島要塞化

  • 住民総動員―飛行場建設や陣地壕づくり
  • 「一木一草といえどもこれを戦力化すべし」

2. 戦略持久作戦

  • 本土上陸を遅らせる時間稼ぎの作戦、捨て石

3. 軍民混在の戦場

  • 日本兵による壕追い出し、食糧強奪
  • 砲弾は軍人と住民を区別しない。

4. 住民虐殺

  • 「軍人軍属を問わず標準語以外の使用を禁ず。沖縄語を以て談話しある者は間謀とみなし処分す」
  • スパイ嫌疑により虐殺(赤松事件、今帰仁事件、本部校長事件など)

5. 集団自決

  • 壕追い出しと避難拒否、投降阻止
  • 日本軍の駐屯-座間味、慶良間、読谷、沖縄市、南部など

6. 米軍支配の長期化

ページのトップへ