スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

トップページよくあるご質問選挙・投票 > 期日前投票・不在者投票について知りたい

期日前投票・不在者投票について知りたい

投票日に仕事やレジャーなどで用事がある場合、期日前投票又は不在者投票をご利用ください。

期日前投票又は不在者投票ができる方

  • 投票日に仕事や学校などで投票所へ行けない方。
  • 旅行やレジャーなどで、投票日に出かける方。
  • 疾病や出産、身体の障がいのため歩行困難等で投票日に投票所へ行けない方。
  • 投票日当日迄に、現在の住所地から転出する方。


期日前投票

選挙人名簿に登録されている市区町村の期日前投票所で行う投票
(従前の選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会で行っていた不在者投票)
持参するもの:投票入場券 (入場券を持参しない方は本人であることの確認をできるもの)

不在者投票の種類

  • 出張や旅行等の滞在地の市区町村の選挙管理委員会で行う不在者投票
  • 入院、入所中の病院や老人ホーム等で行う不在者投票
  • 転出先の市区町村の選挙管理委員会で行う不在者投票
  • 障がいのある方が在宅で行う不在者投票


不在者投票をするには(沖縄市の選挙人名簿に登録されている方の場合)

沖縄市選挙管理委員会へ「不在者投票請求書兼宣誓書」の提出が必要です。
なお、沖縄県知事選挙及び沖縄県議会議員選挙の場合には市町村長が発行する「引続き沖縄
県内に住所を有する旨の証明書(住民票写し等)」の添付が必要です。

※請求書は、最寄りの選挙管理委員会、又は、沖縄市選挙管理委員会のホームページにて入手
してください。
※請求方法については法令で定められており、ファックス・電子メール・及び電話等での請求
はできませんので、郵送により請求して下さい。
※県外に居住する学生の投票

沖縄市を離れて、県外の大学や専門学校に修学のため寮、下宿などに居住している学生の皆
さんで、住民票を沖縄市にそのまま残している方は、選挙の時は、沖縄市でも修学地の市区町
村でも投票ができませんのでご注意ください。
選挙人名簿に登録されるためには、転入の届出がされた日から引き続き3ヶ月以上住民基本
台帳に記録され、かつ実際に居住していることが必要です。
住民票が沖縄市にあっても県外に居住している学生の方は、沖縄市の選挙人名簿に登録され、
投票所入場券が届いても、沖縄市の選挙人名簿に登録されるべきでなかった者として取り扱わ
れ、投票ができません。
投票を行うためには、住民票を実際に居住している下宿等の所在地の市区町村に移す手続き
を、所在地の市区町村窓口で行ってください。
そして下宿等の所在地の市区町村に転入の届をした日から3ヶ月以上たちますと、選挙人名
簿に登録される資格ができ、投票することができます。
※最高裁判所の「修学のため親元を離れて居住する学生の住所はその寮または下宿などの所在
地にある」との判決があります。

期日前投票及び不在者投票ができる期間及び時間(選挙が行われている区域の場合)

  • 期間:選挙の公(告)示日の翌日から投票日前日まで(土・日・祝日を含む)
  • 時間:午前8時30分~午後8時


※ 選挙が行われていない市区町村で不在者投票をする場合は、滞在地の選挙管理委員会の業務
時間内に不在者投票を行ってください。

添付ファイル

不在者投票請求書 宣誓書
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは選挙管理委員会事務局が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B1F
TEL:098-939-1193   FAX:098-939-8281
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ