スマートフォンサイトはこちら

エイサーのまち沖縄市は豊かな地域づくりを目指しています

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 背景色
  • 標準
  • 黒
  • 青
  • 黄

トップページ沖縄市の情報平和事業 > 沖縄市民平和の日記念行事

沖縄市民平和の日記念行事

最終更新日:2015年04月28日

1945年9月7日 降伏調印式の様子

降伏調印式の碑(嘉手納基地内)

沖縄市民平和の日記念行事(平成25年度)

1945年9月7日、沖縄市森根(現在の嘉手納飛行場内)において、先島群島日本軍司令官納見敏郎中将、奄美群島日本陸軍司令官高田利貞少将、同日本軍司令官加藤唯雄少将が召還され、アメリカ第13軍司令官スティルウェル大佐に対し「南西諸島の日本軍を代表して無条件降伏」を申し入れ、6通の降伏文書に署名して正式に降伏し、公式に沖縄戦が終結しました。
沖縄市では、すべての人が等しく平和で豊かな生活がおくれるまちづくりを進めることを目的に、1993年、全国で初めて市町村独自の「平和の日」を条例で定めました。
沖縄戦が公式に終結した「9月7日」を沖縄市民平和の日として定め、毎年9月7日に記念行事を実施しております。
 
 

このページは市民部 平和・男女共同課が担当しています。

〒904-8501 沖縄県沖縄市仲宗根町26番1号 B2F
TEL:098-939-1212   FAX:098-939-1222
お問い合せはこちらから(別ウィンドウ)

ページのトップへ